古いマンションほど売りづらいけれど・・・

 

「築40年以上のマンションなんて、売れるわけないか・・・」

 

マンションの建物の耐年数は約50年〜と言われているため、弱気になる気持ちはわかります。

 

また、もしかしたら、あなたは昔、不動産屋さんに査定を依頼しようとしたけれど、「無理ですね」と言われた経験があるかもしれません。

 

 

ですが、原因を探れば、道は開けるかもしれません。

 

売れないと思う原因

 

あなたの勝手な思い込み

 

リアルに売却活動をしていないにもかかわらず、勝手な思い込み(※世の中の情報)を信じてしまうパターン

 

※最近は古いマンションを購入して、フルリノベーションする30代の若い夫婦もいるくらいですから、
売れる可能性はあります。

 

やる気のない不動産屋への依頼

 

  • 売買仲介が得意ではない
  • 担当の仕事のやる気がない
  • 大型案件以外に目もくれない

 

など、あなたが一度、不動産屋さんに相談したときに、上記だった場合があります。

 

特に不動産業界の担当者は当たり外れがあるので、よくありがちです(汗)

 

解決方法はシンプル!不動産の一括査定サイト

 

あなたの古いマンションを買ってくれる買主さん探しの際、
業者を適当に選ぶことはやめましょう。

 

先ほどもご紹介したように、業者選びを間違えると、最初から無理と言われたり、また数十万円以上の損をしたり、
いつまでたっても買主さんが見つからないケースが多々あります。

 

そうした悩みを1分で解決する方法が一括査定サイトです。

 

不動産の一括査定なら60秒!

 

複数業者に60秒入力で一括査定依頼

 

複数の業者に一括してマンション査定依頼することで、
競争原理を発生させます。

 

完全無料

 

相性の良い担当者も、一括査定!

 

ライバル同士競争してもらい、あなたにピッタリの”担当者さん”も見つけることができます。

 

買主探しを一緒に手伝ってくれるパートナーさんですから、複数比較しましょう♪

 

諦めたら、そこで試合終了ですよ!!!

 

 

 

イエイ

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

【特徴】

 

  • スマホorPCで60状かんたん入力
  • 無料で利用できる
  • 1000社以上た厳選された最大6社
  • 悪徳業者を排除!
  • お断り連絡も代行もOK!

 

 

【公式】→→https://sell.yeay.jp/

 

マンション売却について疑問

 

古いマンションを売る予定の女性

 

 

耐震性能に優れた玄関ドアってあるの?

 

耐震性能の優れた玄関ドアとは、耐震枠が設置されているドアのことです。

 

マンションが大きな地震で変形した場合、その変形により玄関ドアが開かなくなる場合があります。

 

玄関ドアは共用廊下と出入りできる唯一の開口部なので、開かなくなったら避難ができなくなります。

 

そのようなことが無いように開発されたのが耐震枠です。耐震枠はドアと枠の間に隙間が設けられていて、少しの変形ではドアを開くことができるように設計されています。

 

耐震枠で生じる隙間は、ドアの先端の形状を複雑にすることで、直接内部が見えない工夫がされています。

 

1981年6月以降に建築確認申請を行ったマンションは新耐震設計がなされています。

 

新耐震設計で建てられたマンションは丈夫なので、大きな地震が起きても、ドアが変形して出られなくなることは稀です。耐震枠が必要なのは、
むしろ古いマンションの方です。耐震性が低い判断されたマンションは、大規模改修などの時にドアの交換をしておくと安心できます。

 

マンションにはバルコニーに隔て板や避難ハッチが設置されている場合があります。

 

万が一玄関ドアが開かなくなた場合は、隔て板を壊すか避難ハッチを利用して、隣の住戸へ避難することが求められます。

 

 

良い?悪い?不動産屋さんの選び方

 

不動産屋さんは程度の差こそあれ、良い不動産屋さんと悪い不動産屋に分けることができます。

 

良い不動産屋さんの選び方にはコツがあります。

 

良い不動産屋さんは顧客の利益を第一に考え、要望を大切に聞いてくれます。顧客の要望を実現しようと努力し、顧客の利益にならないことは教えてくれます

 

。規模で分けると、個人営業や小規模な会社に多い傾向にあります。

 

悪い不動産屋は自社の利益を第一に考え、顧客を利用しようとします。

 

土地の売却を依頼した場合、依頼者の希望金額を無視し、買い手側が要求する価格で売買を成立させようとします。規模で分けると、大きな会社にその傾向が見られます。

 

依頼する会社を選ぶ場合は一度に決めずに、担当者と会って話を聞いてから決めることが大切です。

 

担当者と何回か話をすれば、その会社が良い会社かどうかがわかります。依頼する会社を規模で決めたり、

 

インターネットの情報だけを頼りに決めるのは危険です。インターネットのサイトは大きな会社が作成した方が良いものができます。

 

だからといって、その会社の顧客に対する姿勢が良いとは限りません。良い会社を選ぶには、資料や口コミを参考にするだけでなく、担当者の人間性を見極めることが大切です。

 

 

相続した古いマンションの売却:相続不動産の放置をするとどうなる?

 

親御が亡くなった際に相続した古いマンションを、どのようにすればよいかとお悩みの方は少なくありません。

 

一戸建ての住宅と違い、マンションの場合「古くなったから立て直す」というワケにはいかないからです。

 

古いマンションを相続した後に放置すると、どうなるかを前もって把握しておきましょう。

 

相続したマンションをそのままにしておくと、当然ながら管理費や修繕積立金が請求されるでしょう。

 

加えて固定資産税も支払わなくてはなりません。しかし古いマンションの場合、売却したくともなかなか売れないということも珍しくないのです。

 

ほとんど投げ売りのような形ででも手放した方が良い事もあります。自治体などに寄付する方法もありますが、あまりにも古ければ、

 

自治体の方も寄付を断わることもあります。そのような場合には相続する前に放棄してしまうことも考えた方が良いでしょう。

 

所有者のいなくなった不動産は、最終的には国に帰属することになりますが、それまでの間、管理をする人が必要です。

 

そのため、裁判所に申立てを行い、相続管理人を立てることになります。マンションの売却によってお金ができると予測されれば別ですが、

 

買い手が付かないと見込まれる場合は、相続管理人への報酬となる予納金を支払うことを求められることがあります。

 

相続放棄をしても、相続管理人を立てていない場合は、最後に放棄した人に維持費支払いの義務が発生することに注意しましょう。

 

 

 

任意売却の注意点:抵当権付きの不動産物件を売る手順

 

抵当権付きの不動産物件を売る手順は、やや複雑になります。

 

基本的には通常の不動産売買の方法と変わりませんが、特別な手続きを経る必要があります。

 

まずは不動産査定をしてもらって、オーバーローンになっているかどうかを確認しましょう。

 

もしもオーバーローンになっておらず、ローンも延滞していないのであれば、通常の不動産売買の方法で売ることが可能です。

 

オーバーローンとなっている場合には、売却をしたお金でローンを完済できないので、そのままでは家が売れません。

 

その場合には、債権者に抵当権を抹消することに同意をしてもらわなくてはいけません。抵当権がついたままでは買い手がつかないからです。

 

抵当権を抹消する同意を得ることができたら、任意売却物件として家を売りに出します。

 

期間がすぎたら競売になってしまうというリスクもあるので、通常の売却に比べるとやや不利にはなりますが、経験と実力のある任意売却専門業者に依頼をしておけば成功する可能性が高いでしょう。

 

買主が見つかったら売買契約を結びます。

 

住宅ローンが残る可能性が高いですが、残った住宅ローンは無理のない分割払いにしてもらえるように専門業者が交渉をしてくれます。引越し代なども残せる可能性があります。

 

 

実家を売る or貸す※どっちがいい?メリットデメリット

 

両親が死去したり老人ホームに入るなどで空き家になった際、実家を売る方が良いのか貸す方が良いのか、どっちが良いのかはメリットとデメリットを精査して決める必要があります。思い出の詰まった実家を簡単に売るのは決心がつかない、思い出の家を残しておきたいという場合には賃貸に出して貸す方法にメリットがあります。家賃収入を得ることで固定資産税の支払いの対策をすることもできますが、デメリットとしては、一時的に大きな金額を得ることが出来ない点があります。

 

売る場合のメリットとしては、一時的に大きな収入を得ることが出来るメリットがありますが、思い出の詰まった家を失うことは人によってはデメリットになります。又、メリットとして固定資産税を支払わずに済むようになる点があります。しかし、売り時を決めるのは難しく、売却した後で資産価値が上がるケースもありますので、売却後土地の価値が上がった場合には売り時によってはデメリットになるケースもあります。

 

実家を売るかかすかについては何を一番優先したいかを熟慮するのがポイントです。経済的な面や心情的な面、どちらを優先にするのかによって選ぶべき法穂は異なりますし、タイミングも異なります。

 

不動産売却の専属専任媒介(専任媒介)一般媒介の違い

 

不動産売却をする場合には、仲介業者との契約方式にいくつかの選択肢があります。

 

大きく分けると、専属専任媒介と一般媒介となります。その違いは、専属専任媒介は一社のみと契約を交わすことに対して、一般媒介は複数の業者に頼む形となっています。

 

それぞれに特徴は違いますし、メリットも異なります。違いをよく理解した上で選ぶことが大切です。まず専属専任媒介の場合には、優先的に不動産売却活動を行なってもらえるメリットがあります。早期に売却したいような場合、集中的に宣伝活動を行うなどによって買い手を探しやすくなります。通常は3ヶ月契約となり、その期間内に売却できなければ契約を更新するか、そこで終了して他の業者に頼むかを選ぶことができます。

 

課題としては、どの業者に頼めば最も良い条件で不動産売却ができるのか判断が難しいところにあります。一方で一般媒介であれば、複数の業者に同時に頼むことができるので、その中で最も良い条件となる買い手がついたところに任せることができます。ただし仲介業者はどこも、専属専任媒介契約を結ぶクライアントを優先するので、場合によってはなかなか買い手が見つからないということにもなります。

 

売却期間を長く確保できる場合には有利と言えます。

 

 

マンション売却時、不動産屋とトラブル!事例を紹介!

 

マンション売却時は様々なトラブルが発生する場合があります。

 

その中には買主との間で瑕疵担保責任をめぐるトラブルや、不動産屋との間のトラブルもあります。

 

売却を予定している人はそれらの事例を知ることにより、無用なトラブルを事前に避けることができます。不動産屋との間で生じるトラブルの中に、広告費の支払いを要求されるものがあります。

 

不動産の売却を仲介業者に依頼する場合は媒介契約を結びます。

 

不動産業者が限定される専任媒介契約や専属専任媒介契約においては、不動産業者は売却を依頼されたマンションのために広告を出すことがあります。

 

しかし、売買が成立したのならともかく、売れなかった場合に依頼者は広告費を不動産業者に支払う義務はありません。

 

それを支払った場合は、依頼者が料金を支払って広告を依頼したと受け取られかねません。

 

売買が成立しなくても不動産業者が広告費の支払いを請求してくる場合には、宅地建物取引業法に照らしてその必要意が無いことを主張する必要があります。

 

マンション売却時に不動産屋と結ぶ媒介契約には、不動産業者を一つに絞らない一般媒介契約があります。その場合は複数の不動産業者に依頼が可能なので、このようなトラブルが生じる恐れは低くなります。

 

 

不動産査定サイト・イエイの評判はどうなの?

 

物件の一括査定をする時に利用できるサイトにはイエイがあります。イエイの強みはサポート体制と物件の種類の多さで口コミでも評判を博しているサービスです。

 

物件については種別において商売で利用できる店舗や工場、保管に役立つ倉庫まで用意されています。主に業務用に使いたい時に活用できるサービスと言えるでしょう。

 

また古くから行っているサービスなので登録されている業者の数もかなり多いのが特徴です。

 

不動産査定サイトイエイの口コミを見てみると「ここでしか取り扱っていない物件も数多くある」「仲介実績の多いところなので結果的に良い値段で売却できた」という内容がネット上に掲載されています。

 

 

物件の査定を出来る数も多く他の一括サイトよりも優れていると言えるでしょう。
分譲マンションや一戸建ての他に土地やマンションといったものは他の査定サイトでも取り扱っています。
イエイでは農地や田んぼと山林、店舗やその他の物件と数多く扱っているので利用しやすいです。

 

特に田んぼや山林を扱う業者は限られているので売りたい人は必見といえます。
物件の種類が豊富なので特に法人の方の利用が目立っているのが特徴です。総合的に見ると多くの物件に対応するので農家や法人の方に人気を博しています。"