古いマンションほど売りづらいけれど・・・

 

「築40年以上のマンションなんて、売れるわけないか・・・」

 

マンションの建物の耐年数は約50年〜と言われているため、弱気になる気持ちはわかります。

 

また、もしかしたら、あなたは昔、不動産屋さんに査定を依頼しようとしたけれど、「無理ですね」と言われた経験があるかもしれません。

 

 

ですが、原因を探れば、道は開けるかもしれません。

 

売れないと思う原因

 

あなたの勝手な思い込み

 

リアルに売却活動をしていないにもかかわらず、勝手な思い込み(※世の中の情報)を信じてしまうパターン

 

※最近は古いマンションを購入して、フルリノベーションする30代の若い夫婦もいるくらいですから、
売れる可能性はあります。

 

やる気のない不動産屋への依頼

 

  • 売買仲介が得意ではない
  • 担当の仕事のやる気がない
  • 大型案件以外に目もくれない

 

など、あなたが一度、不動産屋さんに相談したときに、上記だった場合があります。

 

特に不動産業界の担当者は当たり外れがあるので、よくありがちです(汗)

 

解決方法はシンプル!不動産の一括査定サイト

 

あなたの古いマンションを買ってくれる買主さん探しの際、
業者を適当に選ぶことはやめましょう。

 

先ほどもご紹介したように、業者選びを間違えると、最初から無理と言われたり、また数十万円以上の損をしたり、
いつまでたっても買主さんが見つからないケースが多々あります。

 

そうした悩みを1分で解決する方法が一括査定サイトです。

 

不動産の一括査定なら60秒!

 

複数業者に60秒入力で一括査定依頼

 

複数の業者に一括してマンション査定依頼することで、
競争原理を発生させます。

 

完全無料

 

相性の良い担当者も、一括査定!

 

ライバル同士競争してもらい、あなたにピッタリの”担当者さん”も見つけることができます。

 

買主探しを一緒に手伝ってくれるパートナーさんですから、複数比較しましょう♪

 

諦めたら、そこで試合終了ですよ!!!

 

 

 

イエイ

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

【特徴】

 

  • スマホorPCで60状かんたん入力
  • 無料で利用できる
  • 1000社以上た厳選された最大6社
  • 悪徳業者を排除!
  • お断り連絡も代行もOK!

 

 

【公式】→→https://sell.yeay.jp/

 

マンション売却について疑問

 

古いマンションを売る予定の女性

 

 

耐震性能に優れた玄関ドアってあるの?

 

耐震性能の優れた玄関ドアとは、耐震枠が設置されているドアのことです。

 

マンションが大きな地震で変形した場合、その変形により玄関ドアが開かなくなる場合があります。

 

玄関ドアは共用廊下と出入りできる唯一の開口部なので、開かなくなったら避難ができなくなります。

 

そのようなことが無いように開発されたのが耐震枠です。耐震枠はドアと枠の間に隙間が設けられていて、少しの変形ではドアを開くことができるように設計されています。

 

耐震枠で生じる隙間は、ドアの先端の形状を複雑にすることで、直接内部が見えない工夫がされています。

 

1981年6月以降に建築確認申請を行ったマンションは新耐震設計がなされています。

 

新耐震設計で建てられたマンションは丈夫なので、大きな地震が起きても、ドアが変形して出られなくなることは稀です。耐震枠が必要なのは、
むしろ古いマンションの方です。耐震性が低い判断されたマンションは、大規模改修などの時にドアの交換をしておくと安心できます。

 

マンションにはバルコニーに隔て板や避難ハッチが設置されている場合があります。

 

万が一玄関ドアが開かなくなた場合は、隔て板を壊すか避難ハッチを利用して、隣の住戸へ避難することが求められます。

 

 

良い?悪い?不動産屋さんの選び方

 

不動産屋さんは程度の差こそあれ、良い不動産屋さんと悪い不動産屋に分けることができます。

 

良い不動産屋さんの選び方にはコツがあります。

 

良い不動産屋さんは顧客の利益を第一に考え、要望を大切に聞いてくれます。顧客の要望を実現しようと努力し、顧客の利益にならないことは教えてくれます

 

。規模で分けると、個人営業や小規模な会社に多い傾向にあります。

 

悪い不動産屋は自社の利益を第一に考え、顧客を利用しようとします。

 

土地の売却を依頼した場合、依頼者の希望金額を無視し、買い手側が要求する価格で売買を成立させようとします。規模で分けると、大きな会社にその傾向が見られます。

 

依頼する会社を選ぶ場合は一度に決めずに、担当者と会って話を聞いてから決めることが大切です。

 

担当者と何回か話をすれば、その会社が良い会社かどうかがわかります。依頼する会社を規模で決めたり、

 

インターネットの情報だけを頼りに決めるのは危険です。インターネットのサイトは大きな会社が作成した方が良いものができます。

 

だからといって、その会社の顧客に対する姿勢が良いとは限りません。良い会社を選ぶには、資料や口コミを参考にするだけでなく、担当者の人間性を見極めることが大切です。